▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲あいの風とやま鉄道の駅INDEXへ
富山 TOYAMA
富山県の県都代表駅。平成27年より新幹線駅となりました。以前の在来特急は関西・中京方面からの列車はここでほとんどが折り返しました。新幹線金沢開業時点で、関西・中京方面への直通がなくなり、その分金沢までのシャトル新幹線が設定され、やはり新幹線も折り返しが多く設定されています。高山本線、富山地鉄、富山ライトレールの接続駅です。

在来側の北口駅舎。鉄骨造の2階建て駅舎ですが、仮駅舎です。現在新幹線に追って在来線も高架化工事中で、構内が高架化される頃にはこの辺りを軌道線が貫き、駅舎も改築されることになるでしょう。(H27.3撮影)
駅舎内。裏手口の仮駅舎と言えど窓口や売店があります。富山ライトレールの窓口も併設しています。 こちらは南口改札。これは新幹線高架下の新幹線共用の正面口駅舎内。これも在来線高架化までの仮施設です。
ホームは3面5線。かつての本設ホームは新幹線高架用地となり、これは仮ホームです。 地平の仮ホームから見た高架。新幹線ホームと上り在来ホーム用地があり、追って下り在来ホーム用に左手に拡張されます。
H27.4より上り線と高山線用1〜3番の高架線が供用開始となりました。(H27.8撮影) 高山線用2番線は切欠ホームです。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲あいの風とやま鉄道の駅INDEXへ