▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲旧駅舎の肖像INDEXへ  ▲駅と駅構内現富山駅へ
JR北陸本線 旧富山駅舎 (平成27年改築)
主要駅ながらややコンパクトなコンクリート駅舎でした。JR化直後に外装工事がなされ国鉄の雰囲気は希薄となっていました。(H17.1撮影) 駅舎内。有人改札が並び改札・集札が分けられていました。2階に富山らしく薬屋が入っていました。
北口には窓口とコンビニが入る小さな駅舎がありました。平成18年の富山ライトレール開業後に改築されました。 元々の構内は3面6線でした。地下道と跨線橋がありました。新幹線用地となり、平成22年より北側の仮ホームへ移りました。
2・4番ホームの端に高山線用切欠ホームがありました。3番乗り場ですが、以前は3番が本線ホームで、ここは「西3番」と呼ばれていました。 左手の行止線のある島式ホームは6・7番ホームで、富山港線ホーム。地下道のみが達していました。平成18年に閉鎖され、20年までに仮ホーム用地として先行して撤去されています。
駅舎に接する1番ホームは広く、「い鯉の広場」なる小公園もありました。 駅舎は新幹線工事のため平成22年頃解体され、仮設駅舎となっていました。さすがに主要駅、大きな仮駅舎でした。(H25.12撮影)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲旧駅舎の肖像INDEXへ  ▲駅と駅構内現富山駅へ