▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
海峡線
津軽今別駅の、駅としての社境標
昭和63年、青函トンネル開通時に青函トンネルを含むその前後区間に新規開業した路線。本州と北海道を結ぶ線区としての性格上、単一路線としての列車運行はなく、本州の津軽線中小国以南、北海道の江差線と函館本線の一部(木古内〜函館間)を合わせた青森〜函館間の通称「津軽海峡線」の一部として機能しています。広域輸送のバイパス線に特化しているため、青函トンネル区間を除くと中小国以北の津軽線および半ば引替えに廃線となった松前線に近いルートを取るにもかかわらず、代替機能は殆どありません。線内の普通列車の設定はなく、また中間の津軽今別駅と知内駅は特急列車がわずかに一日2往復ずつ停車するのみ、両海底駅は青函トンネル掘削時の拠点施設を一般開放した文字通り地中(海底)駅であって、客扱いを行う一般駅ではないという特殊な線区です。(中間の竜飛海底、吉岡海底、知内の3駅は平成26年3月に廃止となりました。)
路線は客貨両面での広域輸送の大動脈として複線電化の高規格線ですが、平成28年より北海道新幹線と共用となり、今後さらに重要性が増すこととなっています。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
中小国 なし 外ヶ浜町 青森県 津軽線
津軽今別(奥津軽いまべつ) なし   今別町 北海新津軽線
木古内 橋上 木古内町 北海道 いさりび江差
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
直線上に配置
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ