▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲津軽線の駅INDEXへ
中小国 NAKAOGUNI
津軽線と海峡線の本来の分岐駅で、JR東日本とJR北海道の境界駅。しかし並行国道沿いに小さな集落があるのみの無人駅で、JR境界駅としては猪谷駅をはるかに凌ぐ、異例の小駅です。

駅舎はなく、ホーム上に大きめの待合室があります。駅名表示はその背に。手前の線路は工事用の留置線のようで、現在は使用されていないようです。(H18.5撮影)
駅前の様子。荒涼としています。 ホームは1面1線。長編成列車の行き交う区間ですが、停車列車の設定がなく、ホームも短いです。
ホーム待合室。手前半分は上屋と風除けのみのオープン構造。着札箱もここにあります。 待合室内部は木製ベンチが据え付けてあり、わりとすっきりとしています。
駅の表側に走る留置線は下り方で本線に接続します。手前には小さな車庫もあります。 構内下り方。画面奥の新中小国信号場が津軽線と海峡線の本当の分岐地点です。が、両線は分岐後も近いルートをかなりの区間併走します。
駅データ
駅名 中小国(なかおぐに)
所在地 青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田小国南田
隣駅 ←蟹田 大平→
乗換 海峡線 津軽今別→
(奥津軽いまべつ)
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲津軽線の駅INDEXへ