▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
五稜郭 GORYOKAKU
旧亀田市の代表駅で、道南いさりび鉄道と函館埠頭への貨物線の起点駅。また車両区、貨物駅、機関区を併設します。江差線分岐駅時代海峡線からの道内乗換駅となるべきポジションでしたが、本州からの列車は基本的に函館駅まで乗入れ、この駅での接続はほぼありませんでした。

大型の木造駅舎ですが、窓が少なく、またトタン屋根に雪止めもないことから、全体的にのっぺりとした印象を受けます。右端に三角屋根のファサードがありますが、入口は中央にあります。(H21.8撮影)
ファサードの駅名表示。五稜郭駅らしく、五角形。 駅前は石川啄木と宮沢賢治が。共に岩手県のイメージが強いですが。
駅舎内。待合室が区画されていないこともあって外観以上に広く感じます。左手に大型のキオスク、この右後ろにそば屋があります。 ホームは2面4線。乗り場は3〜6番が充てられ、駅舎とホームの間にある1・2番線には乗り場はありません。
札幌、木古内、青森・盛岡方面が5番、函館方面が4番乗り場で、3番6番は現在定期使用はしていません。 跨線橋から見た貨物ヤード。この右後側に機関区の車庫などがあり、構内は広いです。
駅データ
駅名 五稜郭(ごりょうかく)
所在地 北海道函館市亀田本町
隣駅 ←函館 桔梗→
廃線 江差線
(道南いさりび鉄道)
七重浜→
備考 「立ち食いそば」みかどへ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ