▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲津軽線の駅INDEXへ
蟹田 KANITA
海峡線開通時に津軽線の明暗を分けた南北の実質的な境界駅かつ実質的な海峡線分岐駅。海峡線側は快速「海峡」がなくなった今、この駅と木古内駅の間は普通列車の設定がありません。

どこかずんぐりとした形状の大きめの木造駅舎。風の強い地区であり、駅舎で入口にはしっかりと区画された風除室があります。現在はシックな塗色に外板改修され雰囲気が変わっています。(H18.5撮影)
大きく見える駅舎も駅舎内は至って普通。窓口も券売機もそれぞれ1つだけです。 ホームから見た駅舎。大屋根がかなり下まで伸びる「津軽線仕様」。やはりホーム側に広い風除室を持つためです。
ホームは2面3線。ホームを結ぶ跨線橋は中で半分に区切られており、構内裏手への自由通路と躯体を共用しています。 構内裏手には留置線と立派な保線小屋があります。
太宰治の小説「津軽」の一説。訪問時も風が強い日でした。この裏面にローマと同緯度の町である旨が書いてあります。 蟹の駅名標。確かに本州の津軽海峡線中間最大の駅で、オアシスと言えばそうかも。
駅データ
駅名 蟹田(かにた)
所在地 青森県東津軽郡外ヶ浜町字上蟹田
隣駅 ←瀬辺地 中小国→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲津軽線の駅INDEXへ