▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲津軽線の駅INDEXへ
瀬辺地 SEHEJI
海沿いの集落の小駅。北東北や北海道の、この地や野辺地、茂辺地などの地名って、もともと「どっかその辺」のような由来なのでしょうか。ある意味大らかな駅名です。

改築された簡易駅舎。線内の奥内駅と異なり、完全に待合室のみのものです。旧駅舎時代は委託による出札も行われていたそうですが。(H18.5撮影)
ホームへはこの広い階段が入口。ホームのほぼ中央に出ます。 ホームから見た駅舎。ホームや入口の階段と駅舎の間には若干の隙間があります。
ホームは1面1線。駅舎との間の隙間と言い、ホームの狭さと言い、元々両面ホームだったのではないでしょうか。 駅舎側に短い留置線があります。対向線の名残としては位置的に合いますが、荷物用のスロープが残っているので、荷物貨物用だったのでしょう。
駅データ
駅名 瀬辺地(せへじ)
所在地 青森県東津軽郡蓬田村大字瀬辺地
隣駅 ←郷沢 蟹田→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲津軽線の駅INDEXへ