▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲神岡鉄道の駅INDEXへ
飛騨神岡 HIDA-KAMIOKA
旧駅名は「飛騨船津」、終点奥飛騨温泉口の旧駅名が「神岡」であったため後者が旧神岡町の代表駅のようですが、立地から言うとこちらが町域の中心に近く、神岡鉄道発足後は代表駅然とした駅名に変更になりました。しかし肝心の神岡町自体が平成の大合併で飛騨市の一部となったため、代表駅の座は遠くJR飛騨古川駅の下へ…。

外部からホームへ上がる階段の「踊り場」的な位置にある変わった構造。しかも駅舎内にはテナントとして美容院が2軒入っているとるという、なんだかよく分からない駅舎です。(H17.9撮影)
駅舎の駅名表示は「飛騨」の部分が平仮名表示となっています。これは運賃表なども同じです。 駅舎内。待合室と美容院。左奥の通路がホームへの通路です。尚駅舎の入口にもう1軒の美容室があります。
駅舎からホームへの通路。駅舎自体が2段階の階段上ですが、ホームへはさらに階段があります。 ホームは1面1線。広めで、乗り場付近には鉄骨造の大きくて頑丈な上屋がかかります。冬場などは相当風が強いのでしょう。その理由は、左下の画像。
ホームから見た景色。つまりホームは高原川の支流山田川ごと神岡町をまたぐコンクリート橋の上にあるのです。しかし中々良い眺め。 ホームから見た駅舎。右の階段で駅舎に入り、左の階段でホームへ上がるという経路です。
この駅の七福神は恵比寿です。 丘から駅を俯瞰するとこんな感じ。かなりの高さです。右手の通路が駅舎の画像にある階段です。
駅データ
駅名 飛騨神岡(ひだかみおか)
所在地 岐阜県飛騨市神岡町船津
隣駅 ←神岡鉱山前 神岡大橋→
備考 旧駅名;飛騨船津
「廃線・廃駅」H29.10時点の駅跡へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲神岡鉄道の駅INDEXへ