▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲信越本線(廃線)の駅INDEXへ
直江津 NAOETSU
信越本線が山岳線から沿海線に変わる、沿線の一つの分水嶺となる駅で、陸と海の交通の要衝です。北陸本線の終点駅でもあり、北越急行ほくほく線の普通列車もここから発着します。関東からの信越本線が新潟市方面へ、信濃川の奔流沿いから逸れたのは、軍港直江津を目指したからだとか。

豪華客船「飛鳥」をモチーフにした橋上駅舎。特徴ある三角屋根の旧駅舎もよかったのですが。(H20.4撮影)
駅舎内。改札・窓口は2階にあります。自由通路に直接面しています。 自由通路「あすか通り」。これは上越市道となっています。
ホームは3面6線。大雑把に言うと、信越線は2〜6番ですが、その内訳は北陸線や北越急行への直通も多いので一概には言えません。 優等列車もバラエティに富む上に、4つの異なる地区から列車が集まる地点であるため、普通列車の種類も豊富です。左は新しい新潟色、右は長野色。
北陸線普通列車が使用する行止り線が1番線。その脇に留置線もあります。 6番線と留置線。奥には車庫もあり、かなり広大な構内です。これらを跨ぐ自由通路も船をイメージしてか丸い窓が特徴的です。
南口。この辺りは船の艦橋をモチーフに。 駅舎内には新潟県鉄道発祥の地のプレートがあります。
駅データ
駅名 直江津(なおえつ)
所在地 新潟県上越市東町
隣駅 ←春日山 黒井→
乗換 北陸本線(廃線) ←谷浜
備考 えちごトキめき鉄道直江津駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲信越本線(廃線)の駅INDEXへ