▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ
谷浜 TANIHAMA
国道を挟んで海水浴場と向かい合う駅。夏場は長野方面からの海水浴臨なども運転されます。JR西日本の駅としては最東端の駅です。

木造駅舎。集札口跡へつづく回廊のある駅舎で同じく海沿いにある市振駅と似た形状です。(H16.6撮影)
手書き風とはまた違う、「手作り風」の駅名板。 駅舎は明治の築。開業も明治年間ですが、この2年後です。
無人駅で窓口は閉鎖されています。簡易型の券売機が置かれています。 窓口は閉鎖されていますがこんな貼り紙も。海水浴客で賑わう夏季は営業されるのでしょう。
ホームは2面3線。ただし2番線は使用されていません。レールが残っているところを見ると、オンシーズンには使用するのでしょうか。 構内下り方に自由通路があります。構内と併走する国道を跨いで、その向うの海水浴場に直結しています。
駅データ
駅名 谷浜(たにはま)
所在地 新潟県上越市大字長浜
隣駅 ←有間川 直江津→
備考 えちごトキめき鉄道谷浜駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ