▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲万葉線の駅INDEXへ
荻布 OGINO
住宅地と工場地帯が混在する地点の電停。「日本ゼオン前」のサブ駅名がつきます。現在は廃線となりましたが、旭ヶ丘電停との間では貨物線が交差しており、珍しい併用軌道内の平面交差がありました。

この電停は通常の位置関係。上下の安全地帯は互いに「右前方」です。画像の対向する安全地帯は電車の向こう側に。(H27.2撮影)
反対側から。正対はしませんが上下の電停は近いです。 両ホームへ渡る横断歩道は同じで、双方の間を通っています。
上り電停から見た下り電停。 副駅名が至極小さく表示してあります。
改修される前の電停。改修は下り方から順に進んだため、併用軌道上では米島口電停などと共にかなり遅くに実施されました。 平成16年まで旭ヶ丘電停との間にはJR能町駅からの日本ゼオン・日本曹達専用線が平面交差していました。現在は廃止されレールも撤去されています。(H16.11撮影)
駅データ
駅名 荻布(おぎの)
所在地 富山県高岡市荻布
隣駅 ←旭ヶ丘 新能町→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲万葉線の駅INDEXへ