▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
坂元 SAKAMOTO
路線の宮城県最初の駅で、山元町南部の集落の駅。東日本大震災で津波に被災し、周囲は壊滅的打撃を受けました。路線復旧の際には現在より山側に移転する計画です。


トタン屋根の木造駅舎。風除室があり、入口は右を向いています。駅舎前には古い水飲みと丸ポストがありました。駅施設は津波により流失してしまっています。(H22.9撮影)
駅舎に隣接するトイレ。新しく頑丈だったのか、ほぼ更地になってしまった中で、このトイレと駅跨線橋が残りました。 駅舎内。委託の窓口が営業していました。
駅図書と券売機。タッチパネル式のものが1台ありました。 駅舎はホームに接していませんでした。跨線橋を介します。
跨線橋下にはレンガ積みの危険物倉庫がありました。現役だったようで、わざわざ通路がついていました。 ホームは1面2線。ホームに小さな待合室がありました。
駅データ
駅名 坂元(さかもと)
所在地 宮城県亘理郡山元町坂元二又
隣駅 ←新地 山下→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ