▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
山下 YAMASHITA
山元町の代表駅。役場や町の中心地区は3キロほど西の内陸部にあり、駅周辺にはあまり賑わいはありません。東日本大震災の津波被害では駅舎の倒壊は免れましたが周囲の路線が被災し、H24現在休止中。復旧は駅を内陸側へ移転する計画です。

トタン屋根の木造駅舎。飾り気のない常磐線らしい駅舎です。入口に小さな風除室があり、入口は風除室側面からとなります。(H22.9撮影)
駅舎から見た駅前の様子。あまり高い建物はなく、賑やかさはありません。 駅舎内。委託の窓口が営業しています。駅員は出札と集札を行います。
駅舎のホーム側。軒下にベンチがあります。 ホームは2面3線。ホームの上屋はありません。
2・3番ホームの待合室。やや大型。僅かばかりの雨よけにもなっています。 両ホームをむすぶ跨線橋。狭いです。ポリカーボネートの固定窓です。
駅データ
駅名 山下(やました)
所在地 宮城県亘理郡山元町山寺頭無
隣駅 ←坂元 浜吉田→
備考 同名駅:東京急行電鉄、能勢電鉄
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ