▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
IRいしかわ鉄道
IR521系普通列車(倶利伽羅駅)
平成27年北陸新幹線金沢開業に伴い、並行在来線となるJR北陸本線から経営分離された第3セクター鉄道。うち石川県内の金沢〜倶利伽羅間を受け持ちますが、運行は富山県のあいの風とやま鉄道と一体となっています。津幡から分岐するJR七尾線の列車が全て金沢から発着するため、特急を含めたJRからの乗り入れ列車も多く運行されています。路線延長17.8キロとかなり短いですが、将来的に新幹線が西へ延伸されるに従い県内の北陸本線を受け持つことになると見込まれ、その暁には金沢駅は旧国鉄県都駅として全国初の在来JR線のない駅となります。七尾線の存在から3セク化は免れるかと期待もしましたが、ただそれが叶わずとも地元民として、他県の方には申し訳ないですが、比較的良い社名となったことを何より嬉しく思っています。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
IRいしかわ鉄道線
金沢  高架 金沢市 石川県 北陸新幹線(JR西日本)北陸本線北陸鉄道
東金沢  橋上    
森本  橋上    
津幡 RC/S 津幡町 七尾線
倶利伽羅 木造   あいの風とやま鉄道
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ