▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ
能生 NO
旧能生町の代表駅で、長大トンネルの隙間に設置されたような駅。町外れにあります。旧駅はもう少し海側へ下りたあたりにあり、跡地は現在は旧町役場になっています。

鉄筋コンクリート造2階建ての堂々の駅舎。塗装も海をイメージしたのか爽やかなブルー系。一部優等列車も停車します。(H22.7撮影)
駅入口廻り。海風対策か、山おろし対策か、風除けスペースがあります。 駅舎内。ホームが土手上にあるため、改札を通るといきなり地下道に入ります。
区画された待合室があります。十分すぎるようなキャパがあります。 ホームを結ぶ地下道。駅舎と同レベルです。
ホームは2面4線。トンネルだらけで優等列車も多い区間なので、退避可能な配線構造になっています。 ローマ字表記は「NO」。粟生駅や飯井駅などとともに最も短い駅名です。個人的には「能生」は「NOU」であって「NO」ではないと思うのですが。
駅データ
駅名 能生(のう)
所在地 新潟県糸魚川市大字能生
隣駅 ←浦本 筒石→
備考 えちごトキめき鉄道能生駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ