▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ
筒石 TSUTSUISHI
北陸本線随一の個性的な駅のホームはトンネル内に。浦本から有間川までの新線切替の折り、海近くにあった駅を半ば強引に新線上にもって来た結果、こうなったそうです。筒石の集落は海沿いの漁村であり、そこからこの駅までは1キロほど山を登らなくてはいけません。

この駅舎は折板葺のプレハブ構造でしょうか。路線は遥か地中にあることもあって、ちょっと駅舎には見えません。(H16.3撮影)
駅舎内。普通の小駅に見えます。ホームが全く見えないことを除いては。 駅舎とホームへ向かう階段との間に短い通路があります。地上には僅かながら庭園も。
ホームと地上の駅舎を結ぶ階段。ホームまで385段あります。駅員さんは列車が到着するたびにここを上り下りするのだから、頭の下がる思いです。 左の画像の階段を下りると通路があります。右が下りホーム、真っ直ぐ進むと上りホーム。また階段があります。ここは通常駅で言う跨線橋にあたるのでしょう。
階段を降りきるとホームの手前にも待合スペースがあります。ホーム入口は列車通過時に突風が吹くため扉があります。 トンネル内にあるホーム。直進する線路に対し、トンネル断面を交互に広げて段違い式に2面のホームがあります。
交互にズレた2面のホームは互いの左手にあります。景色は当然見えないので方向感覚は全く麻痺してしまいそうです。 筒石駅で降りた人がまず驚くのがホームがトンネル内であること、次に階段、そしておそらく駅舎の立地環境。駅前には断崖と見事な地層が見られます。
駅データ
駅名 筒石(つついし)
所在地 新潟県糸魚川市大字筒石
隣駅 ←能生 名立→
備考 えちごトキめき鉄道筒石駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ