▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ
市振 ICHIBURI
親不知の険手前にある新潟県最初の駅。つまり親不知は県境ではないし、もっと言えば市町村境でもないわけです。北陸本線はここから長大な複線トンネルが続きます。

風雪に耐えてきた木造駅舎。手入れがよいのかひどい傷みは見受けられません。(H18.2撮影)
手書きの駅名板。大正1年の開業年月日も書かれています。この駅名板も大正当時のものかは不明。 2つ並ぶ駅舎の財産標。2つあるのも不可解なら、どちらも駅名板と異なる明治と昭和と、これまた不可解。ちなみに開業年は左のとおり。
がらーんとした駅舎内に親不知の鳥瞰図が目を引きます。 駅舎とホームは構内踏切で結ばれています。
ホームの向こうはすぐ海です。 ホームは1面2線に留置線があります。ホームの大半からは防風フェンスに遮られ海は望めません。
構内に残るランプ小屋。何かに使用されているのでしょうか? 駅脇の車道跨線橋から。海と山の「隙間」にあるような立地。この場所から後ろを振り向くと、市振トンネルがあります。
駅データ
駅名 市振(いちぶり)
所在地 新潟県糸魚川市大字市振
隣駅 ←越中宮崎 親不知→
備考 えちごトキめき鉄道市振駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ