▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ
越中宮崎 ETCHU-MIYAZAKI
親不知の険を控えた富山県最後の駅。北陸本線有数の海に近い駅。防風林のためホームから海は見えませんが駅を出て50mほどで海岸に出られます。

鉄骨造平屋建ての駅舎。海が近いため強風対策の施された駅舎です。隣のアーチの屋根はトイレです。(H16.1撮影)
駅舎入口。窓に魚のシールが貼ってあります。駅名板は東滑川駅などと同じ、ハンドメイドのもの。 駅舎前から見た駅前。突当たりは海岸です。
駅舎内。窓口はありますが営業していません。 駅舎から構内へ入ると即跨線橋があります。
ホームは1面2線。駅舎から跨線橋を渡ってホームに出ます。 右手は国道8号線。山と海が接近し、鉄道、一般国道、高速道路の「場所の取り合い」が始まりつつあります。丁度回送シュプール号がやって来ました。
駅データ
駅名 越中宮崎(えっちゅうみやざき)
所在地 富山県下新川郡朝日町宮崎
隣駅 ←泊 市振→
備考 あいの風とやま鉄道越中宮崎駅
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ