▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ
親不知 OYASHIRAZU
親不知子不知の険は北国街道筋最大の難所。北アルプスの山並みが直接海に落ち込む断崖の、わずかな「隙間」に陣取る駅。鉄道はこの付近、長大トンネルでパスしており難所とは名ばかりでしょうか。波かぶりの隘路も今は遠い昔。

古い木造駅舎。周囲のうら寂しさを助長します。「駅に行くために」一度立ち寄っていただきたい駅です。(H18.2撮影)
親不知地区とは言え集落のある地点。それでも駅前にはまったく余裕がありません。 駅入口の木製駅名板。思いっきり手書きです。
駅舎内。木製ベンチが並びます。小さな窓口がありますが無人駅です。 構内から見た下り方。あの切り立った崖が直接海へ落ち込みます。あの地形は、路線は子不知トンネルで貫いています。
狭隘な地形をそのまま反映するようなとても狭いホーム。1面2線のホームです。 狭隘な立地とは言え留置線もあります。地形が地形だけにかつては近辺の様々な機能がこの1点に求められたのでしょう。
敷地外から見たホーム。わずかな平地を鉄道が占拠、高速道路と一般国道は押し出されるように海上を走っています。 駅から市振側の国道パーキングから。海岸縁のわずかな水平面が旧線跡だとか。これでは高波があればイチコロだったのでしょう。
駅データ
駅名 親不知(おやしらず)
所在地 新潟県糸魚川市大字歌
隣駅 ←市振 青海→
備考 えちごトキめき鉄道親不知駅
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ