▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線の駅INDEXへ
加賀笠間 KAGA-KASAMA
旧国名「加賀」を冠する唯一のJR駅。白山市の松任地区と美川地区の間の、古いの町と新興住宅地の狭間にあり、一歩宅地を外れると田園が広がります。大学が至近にあります。

木造駅舎。入口には風除室があるためいかめしい風貌です。達筆な木製駅名板が掲げられています。近年パッチワーク調の派手な塗装となりました。(H30.3撮影)
派手な塗装になる前の駅舎。ベージュと白のツートンで地味な出で立ちでした。(H20.1撮影) 駅舎内。委託の窓口が営業しています。奥に旧駅事務室改修の待合室が増設されています。風除室は自販機コーナーとなっています。
ホームは2面2線です。
かつては3番線があったようです。ホームは乗り場側だけ嵩上げされ、フェンスがあります。今後この右手に新幹線高架が建設されます。 裏口にあたる東口。こちら側は新しい住宅地となっています。待合とトイレがあります。新幹線工事に伴い平成30年に改築されました。
駅データ
駅名 加賀笠間(かがかさま)
所在地 石川県白山市笠間町
隣駅 ←美川 松任→
備考 旧東口駅舎へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線の駅INDEXへ