▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線の駅INDEXへ
福井 FUKUI
福井県の県庁所在都市代表駅で、全列車が停車し、折り返し列車も多い主要駅です。越美北線の実質的な乗換駅であり、またえちぜん鉄道、福井鉄道の乗換駅でもあります。

平成17年に改築、高架化されました。県内勝山市で新種の恐竜の化石が発掘されたことから恐竜を大きくフィーチャーしており、前面に大きなイラストがあり、駅前の広場は恐竜のモニュメントがあるミニ公園があります。(H29.6撮影)
駅舎の前面の恐竜のイラスト。駅舎改築当初はなかったものです。 駅前の歩道に面する箇所には恐竜のトリックアートもあります。
駅舎内。旅行会社、そば屋、コンビニなどが入っています。駅ビル「プリズムふくい」もこの奥にあります。 駅舎の改札側。右手に窓口があり、券売機が並びます。改札は有人改札です。
改札とホームの間の「中二階」。待合室と、コンビニ売店があります。 ホームは2面5線。構内全面に屋根をかぶっていますが、至るところに天窓があり、金沢駅や小松駅のような薄暗さはありません。
1・3番ホーム先端を欠き取った2番ホームが越美北線用。金沢駅などは当時の気動車定期急行の存在から七尾線ホームは屋根から外れたのですが。新車はクリーンなのでしょう。 構内の向う側にえちぜん鉄道福井駅が見えます。ただえち鉄駅は仮設で、将来はここからは新幹線が見えることになります。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線の駅INDEXへ