▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲肥薩線の駅INDEXへ
栗野 KURINO
湧水町の代表駅。旧栗野町の中心です。国鉄時代から八代方から吉松で吉都線へ向かったため、駅としては吉松駅の方が重要な地位を占めましたが、この駅もJR発足直後の昭和63年まで水俣方面への山野線の分岐駅でした。

平屋建てのコンクリート造駅舎。いかにも国鉄期の主要駅という佇まいです。比較的広く取られた駅前も歩車分離などもされず、昭和な空気が漂います。(H22.5撮影)
駅前には南国バスのバス停があり、大口までですが、山野線代替路線もあります。その他コミュニティバスの停留所もあります。 駅舎内。委託の窓口が営業しています。待合は大きな木製のベンチです。
駅舎に接する乗り場はありません。跨線橋を介し、ホームに出ます。 ホームは1面2線です。乗り場に部分的に上屋がかかります。元々2面4線、うち1線は下り方面への行止り、という構内だったようです。
ホームには安全の鐘が残っています。 跨線橋から見た構内。駅舎側は1番線でしょうが、使用されていません。
下り方向。本線の脇で1番跡が行止まりとなっていますが、これが山野線跡なのではないでしょうか。 構内跨線橋は改修されており、自由通路も兼ねるようになっています。そのまま駅の裏手へ通じます。
駅データ
駅名 栗野(くりの)
所在地 鹿児島県姶良郡湧水町木場
隣駅 ←吉松 大隅横川→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲肥薩線の駅INDEXへ