▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
伊納 INO
平野部を進む札幌〜旭川間において唯一山あいを感じさせる立地にある駅で、かつ駅前にも数軒の民家があるのみという準秘境駅。駅前からは春志内信号場、神居古潭駅跡を含む旧線跡サイクリングロードが延びます。

蕨岱駅以来、電化区間唯一の貨車駅舎です。珍しいのはこの後ろにもう一つ同じ貨車が置かれるデュアル貨車駅舎(北広島支所長命名)であることで、これは国内唯一ではないでしょうか。(H23.1撮影)
デュアル駅舎は至近に高校があることから容量不足からのようですが、平成23年にその高校も廃校となったようです。 駅入口は駅舎脇の通路から土手上へ上る階段からです。
手前側の駅舎1号機の室内。 駅舎2号機の室内。こちらのみヒーターがあります。
ホームは2面2線。沿線でも雪の多い地区だと思うのですが、歩道橋のようなオープン跨線橋です。 跨線橋から見た構内。2面のホームが同じ方向を向く変則構内です。
駅データ
駅名 伊納(いのう)
所在地 北海道旭川市江丹別町春日
隣駅 ←納内 近文→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ