▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
長万部 OSHAMANBE
長万部町の代表駅で、室蘭本線の起点となる要衝です。いわゆる「山線」と「海線」の分岐駅で、現在優等列車は全て海線室蘭本線へ向かい、山線函館本線は小樽までローカル線然となります。

三角ファサードを二つ連ねた大型木造駅舎。右側のファサードは以前入居していたスーパーの入口でしたが現在は撤退しています。(H21.8撮影)
駅舎内。窓口を回りこむような位置に改札があります。改札は自動ドアで閉鎖できるような構造です。 駅舎内の形状はやや複雑です。窓口右手に僅かばかりの待合と、券売機があります。
改札から入るとホームはなく、囲われた通路から跨線橋に通じます。 ホームは2面4線。駅舎側1・2番を優等列車が、3・4番を普通列車が使用するため、両ホームから山線、海線双方の列車が発着できます。
跨線橋から見た構内。右手が駅舎です。駅舎に面する乗り場のない線も1線あります。 構内裏手には4線の留置線があります。その奥の空き地も路盤跡ではないでしょうか。
駅舎側も駐車場を含め路盤跡と思しき空き地があります。 構内下り方のアップ。左に曲がるのが函館本線、右手に直進するのが室蘭本線です。
駅データ
駅名 長万部(おしゃまんべ)
所在地 北海道山越郡長万部町字長万部
隣駅 ←中ノ沢 二股→
他社線 室蘭本線 静狩→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ