▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
国縫 KUNNUI
長万部町南部の、小学校などもある比較的まとまった集落の駅。昭和62年まで日本海岸の現せたな町までの瀬棚線が分岐していました。瀬棚線と同ルートを辿る美利河(ぴりか)街道国道230号が国道5号から分岐しています。

大型の木造駅舎が現在でも使用され、かつての支線起点駅らしい貫禄は健在ですが、どこかヨレヨレ感が否めず、栄光が過去のものであることも示しているかのようです。(H21.8撮影)
駅舎内。正面に窓口があったようですが、現在は無人駅であり、完全に塞がれています。 駅事務室を覗き込んでみましたが、意外にキレイ。ここは今でも使用しているのでしょうか。
ホームは2面3線。この近辺では主要駅の証のような、跨線橋があります。 瀬棚線は3番線を使用しており、この先で右に分岐していたようです。3番は一応下り列車の退避用に使用されているようです。
跨線橋は床板も階段も木製という古めかしいもの。窓も木枠です。 古い跨線橋ですが、2・3番ホーム側だけ改装されています。
駅データ
駅名 国縫(くんぬい)
所在地 北海道山越郡長万部町字国縫
隣駅 ←黒岩 中ノ沢→
(廃止駅) ←北豊津
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ