▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲津軽線の駅INDEXへ
油川 ABURAKAWA
青森市の中心街から新田川を渡った、津軽半島の付け根にある住宅地の駅。高校が近く、かつ市中心部へはやや距離があるためか、利用客は多いようです。

大きめの木造駅舎ですが、各所に鉄骨も使用しています。右側の庇が張り出している区画が旅客スペース、左が駅事務室。このさらに右に荷物扱い跡のような区画を挟んでトイレがあります。(H18.5撮影)
駅名表示は黒地にオレンジ文字という珍しいデザイン。内照式です。 駅舎内。旅客スペースは広くとられています。高校も近いため朝夕は混み合うのでしょう。
ホームは1面1線。低い土手上にあり、僅かながら駅舎を見下ろすような位置にあります。 ホームには待合室のほか、こんな風除け付きの上屋もあります。
ホームと駅舎の間には隙間があります。古くは交換駅だったそうですが、電化の頃には既に棒線だったようです。 対向線の跡か、上り方には短い留置線があります。
駅データ
駅名 油川(あぶらかわ)
所在地 青森県青森市大字羽白
隣駅 ←青森 津軽宮田→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲津軽線の駅INDEXへ