▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲奥羽本線の駅INDEXへ
青森 AOMORI
本州最北の県都青森市の代表駅で、路線の分断前は日本最長を誇ったかつての東北本線の終着駅。奥羽本線の終着駅でもあり、津軽線の始発駅でもあります。青い森鉄道の青森開業に伴いJR所属線が奥羽本線となりました。

郷愁を感じる国鉄的なコンクリート駅舎でしたが、平成22年末の東北新幹線新青森開業・青い森鉄道青森開業を機に大幅に改修され、小奇麗になるとともにどこか存在感もコンパクトになった気がします。(H25.9撮影)
駅舎前の軒下。大きな青い森鉄道のロゴがあります。 駅舎入口。こちらはJR東日本のグリーン基調。ただJRと青い森鉄道の入口が分かれている訳ではありません。
駅舎内。駅舎はそれほど奥行きがなく、改札は駅舎に対して横方向を向いて設置されています。 ホームは3面6線。下り方はすぐに青森港となるため行き止まりとなりますが、ホーム自体は櫛型ではありません。下り方へは、めっきり数は減りましたが、夜行客車列車の回送のための機回用引上線が延びます。
1・2番ホームは旧東北本線の青い森鉄道線乗り場です。構内は完全にJR共用で、中間改札などはありません。 最長不倒の東北本線740キロポスト。ただしこれは構内上り方にあるのでもう少し大きいものもあるかも。奥に見えるのは奥羽本線のもの。こちらも中々見られない大きな数字(485キロ)です。
構内にあるリンゴのオブジェ。上屋支柱に「張り付いて」おり、下部がスライドして中から構内放送用のマイクが出てきます。 青森駅は、意外に知られていない、こんな駅舎も持ちます。裏口に当たる西口の駅舎です。
駅データ
駅名 青森(あおもり)
所在地 青森県青森市柳川1
隣駅 ←新青森
乗換 津軽線 ←油川
他社線 青い森鉄道 ←東青森
備考 旧駅舎へ
「立ち食いそば」八甲田へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲奥羽本線の駅INDEXへ