▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲札沼線の駅INDEXへ
下徳富 SHIMOTOPPU
新十津川町の小さな集落の駅。上り方の数駅よりは周辺人口は多く、比較的新しい人家も散見されます。かつて下り方に中徳富駅があり、さらに廃線となった新十津川以遠に上徳富駅、北上徳富駅があり、駅名の対称をつくっていました。

木造駅舎です。無人駅で、駅事務室の窓が塞がれ、のっぺりとしています。駅事務室側ではなく、駅入口に日除けの松の木があり、入口や駅名表示、入口上の小さな三角ファサードなどを隠してしまっています。(H24.1撮影)
駅前のスペースは広いです。手前に農業関連の大きな倉庫があります。 正面からは木で隠れてしまっている駅名表示。紺のホーロー製のものです。
駅舎内。窓口はベニヤ板で完全に塞がれています。 駅舎の待合側。FRPのベンチと、古めかしい木瀬ベンチもあります。
ホームから見た駅舎。裏側にも三角ファサードがあります。 ホームは1面1線。駅舎との間に若干のスペースがあり、かつては島式ホームだったのかもしれません。
駅データ
駅名 下徳富(しもとっぷ)
所在地 北海道樺戸郡新十津川町花月
隣駅 ←南下徳富 新十津川→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲札沼線の駅INDEXへ