▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲札沼線の駅INDEXへ
南下徳富 MINAMISHIMOTOPPU
引き続き田園地帯の小さな集落の駅。やはり人家は少ないです。駅施設としては仮乗降場のような最小設備の駅ですが、戦後に駅として開業しています。

駅舎のない駅です。1面1線のホームです。ホームの上り方半分に低い鉄柵がありますが、こちらがコンクリート製、もう半分は木製のホームです。(H24.1撮影)
ホーム入口から見た駅前。公道踏切がアクセス口で、ホーム入口はホーム端のスロープです。 以前は駅舎ばりの木造待合室があったようですが、撤去されています。あわれ窓サッシのみ残って掲示板として再利用されています。
ホームから見た上り方向。こちらもやはり広大な田畑地帯。画像はひたすらの雪原ですが。 駅全景。ホームの左手手前に待合室があったようです。
駅データ
駅名 南下徳富(みなみしもとっぷ)
所在地 北海道樺戸郡新十津川町花月
隣駅 ←於札内 下徳富→
備考
駅の遠景。画像中央やや右よりにポツンとホームが見えています。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲札沼線の駅INDEXへ