▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
石見松原 IWAMI-MATSUBARA
国道沿いの土手上にある駅で、三江線最終開通区間の駅のうち、最も周辺人口の少ない駅。国道沿いの1軒の喫茶店があるのみ。集落は江の川対岸にあります。

駅舎のない駅で、コンクリートブロックの待合室があるのは沢谷、潮、伊賀和志の各駅と全く同じ。駅前のアクセス路の関係から駅名表示は側面にあります。(H17.5撮影)
国道側からの入口。路線の築堤下を通る歩道です。表示もなく目立ちません。別に車の通れる道も通じているようですが。 階段のようなスロープのような急な小路が駅前へ続きます。
駅前にはちょっとしたスペースがあり、トイレなどもあります。国道の反対側にあたり、民家などは全くありません。 ホームは1面1線。プランターなどもありますが、新しい駅特有の無機質感は否めません。
ホームからの景色。右手のオレンジ色の橋が江の川に架かる橋で、その奥に集落が見えます。 デイタイムがぽっかりと空いた運行状況。一日上下4本ずつです。
駅データ
駅名 石見松原(いわみまつばら)
所在地 島根県邑智郡美郷町長藤
隣駅 ←潮 石見都賀→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ