▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
石見都賀 IWAMI-TSUGA
旧大和村の中心駅で、三江線最終開通区間のうち唯一まとまった集落にある駅です。路線はこの駅の前後は高架となっており、山あいののどかな町をコンクリート橋が貫く不思議な光景を目にすることができます。

駅舎はありません。築堤上のホームへ地下道が通じており、その入口に駅名表示があります。駅前には公民館があります。(H17.5撮影)
駅前にある待合室。位置取りから迎車待ち用のようですが、遮るもののない築堤上のホームなので、冬期の列車待ち用が眼目かもしれません。 待合室内部は安普請が否めないベニヤ板張り。しかし木製の長椅子があり、気候のよい頃には昼寝でもできそうです。
ホームへの通路。町からのお知らせや善意の傘などもここにあります。 ホームは1面2線で、最終開通区間唯一の交換駅。別に短い留置線もあります。
両面向きの変わった構造の上屋下待合所。冬期は特に風の強そうな築堤上のホームですが、ホーム幅が災いしてか、待合「室」にはできなかったようです。 集落を一気に貫くコンクリート橋。浜原以北、口羽以南はトロトロ走る列車も、中間区間は狂ったようにぶっ飛ばします。この高規格線も惜しむらくはそのダイヤでしょう。
駅データ
駅名 石見都賀(いわみつが)
所在地 島根県邑智郡美郷町都賀本郷
隣駅 ←石見松原 宇都井→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ