▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲参宮線の駅INDEXへ
(臨)池の浦シーサイド
IKENOURA SEASIDE
リアス式海岸の小さな入り江沿いにある臨時駅。平成元年に開業しました。ホーム直下が海であるなど極めて海に近い駅ですが、海水浴場へは距離があるため使い出は悪く、夏季の数日営業するに留まる幻の駅です。

駅舎はありません。駅前にすっかり錆びついた切符売り場があり、ここに駅名表示があります。この施設は結局使用されずに現在は撤去されているようです。(H17.10撮影)
切符売り場脇に海水浴場のパラソルのような小屋根のあるベンチがありました。これも放置の末、撤去されたようです。 ホーム入口はホーム端の階段です。
ホームは1面1線。幅はありませんが簡易ホームではありません。 ホーム直下はすぐに海です。海面に杭が見えていましたが、真珠貝の養殖でしょうか。となると釣り客の利用も厳しいでしょうか。
近くの国道跨線橋から。海の際にある様子が分かります。もっと有効利用できないものでしょうか…。 駅の下り方には珍しい海上築堤があり、短いですが両側に海がある区間があります。
駅データ
駅名 (臨)池の浦シーサイド
(いけのうらしーさいど)
所在地 三重県伊勢市二見町松下
隣駅 ←松下 鳥羽→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲参宮線の駅INDEXへ