▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道廃線区間の駅INDEXへ
古君 FURUKIMI
丘の上のなだらかな斜面に広がる田んぼの中にある駅。民家が数件散在している程度の立地、駅名の古君の集落は丘の下の海岸沿いにあります。

やはり能登線小駅標準スタイル。駅舎のない1面1線のホームに定番の待合室があります。(H15.8撮影)
駅前の農道からのホーム出入口。並木の隙間を通る感じです。 ホームには植栽があって目隠しのようにあっています。
待合室内。能登線標準の構造です。 ホームの嵩上げの形跡がありますが、沿線の他駅では見られません。
駅データ
駅名 古君(ふるきみ)
所在地 石川県鳳至郡穴水町字花園
隣駅 ←前波 鵜川→
備考 「廃線・廃駅」H28.6時点の駅跡
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道廃線区間の駅INDEXへ