▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲万葉線の駅INDEXへ
中伏木 NAKAFUSHIKI
射水市が僅かに持つ庄川西岸の地区にある駅。臨海工場地帯と住宅地の狭間にあります。この駅からは終点越ノ潟まで専用軌道となります。

ホームの待合室が木造のものに改築され、しっかりと駅名を掲げるようになりました。オープン構造ですが窓も入り、以前のものより暖かそうです。(H22.4撮影)
駅入口の様子。駅の表示は特にありませんが、コミュニティバスの停留所があります。 駅入口に植栽帯とベンチがあります。
ホームは2面1線。上り方面のホームに待合はありません。 構内手前にはホーム跡が見られます。2面2線を2面1線に「詰めた」ような形跡です。
射水市に入ると各駅には万葉集の和歌が掲示されます。 こちらは構内裏手。荒地ですが、明らかに鉄道施設の跡。これはJR新湊駅の痕跡です。現在この駅は南方に移築され、JR貨物「高岡貨物駅」と改称されています。
待合室改築前の様子。なんだか打ち捨てられたような妙な荒廃感がありました。 こちらも過去の画像。駅至近にあった、小矢部川対岸のJR伏木駅付近を結んでいた「如意の渡し」渡船。運賃200円でした。平成21年に廃止となりました。
駅データ
駅名 中伏木(なかふしき)
所在地 富山県射水市庄西町2
隣駅 ←吉久 六渡寺→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲万葉線の駅INDEXへ