▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲万葉線の駅INDEXへ
新吉久 SHINYOSHIHISA
港湾工場地帯の裏路地にある電停。民家も多くあります。ただしいかにも裏路地で、中伏木手前で専用軌道に入るまでの区間は北陸地区の路面電車のうち、最も寂しい立地の区間でしょう。

安全地帯が道路標示だけの電停で、上下の電停は正対します。他の電停が刷新される中、とりあえずこの電停は標示が青く塗られました。(H22.4撮影)
手書きの停止線。うっすらと雪でも積もれば安全地帯ごとこの電停は見えなくなります。 この手の道路標示のみの電停には、脇の電柱にこのような警告板があります。
分岐器付近は車両が膨らむので道路標示の中央線も膨らんでいます。 併用軌道の、このあたりにのみある信号機。3、2、1とカウントダウン式です。
電停脇に小さな待合室があります。刷新前は木造の大きな待合室があったのですが。 ちなみに建て替えられる前の待合所は、現在のものの道路向かいにありました。丁度あの柵が切れているあたりがその名残でしょう。
駅データ
駅名 新吉久(しんよしひさ)
所在地 富山県高岡市吉久2
隣駅 ←能町口 吉久→
備考 旧駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲万葉線の駅INDEXへ