▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲気仙沼線の駅INDEXへ
本吉 MOTOYOSHI
気仙沼線の中間主要駅で、旧本吉町の代表駅。線内最大の利用客を誇ります。駅自体は内陸の高台にあるため、この駅自体の震災・津波被害はありませんでした。現在はBRTで仮復旧しています。

トタン屋根の木造駅舎です。左辺の屋根の高い区画の約3分の2が旅客スペースです。早朝夜間は無人化され、駅舎も閉鎖されます。(H19.8撮影)
入口の軒下になんだか飾りがぶら下がっていました。 駅舎内。券売機があったと思しき箇所は掲示板となり、出札は窓口のみとなっています。
駅舎脇に夜間出入口があります。 駅舎に接するホームはなく、跨線橋への通路(おそらく旧ホーム)へは若干の段差があります。
ホームは1面2線。鉄骨の上屋がかかります。 跨線橋から。駅舎側(右手)にホーム跡があります。ホームの左手には1線留置線があります。
駅データ
駅名 本吉(もとよし)
所在地 宮城県気仙沼市本吉町津谷松尾
隣駅 ←陸前小泉 小金沢→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲気仙沼線の駅INDEXへ