▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
気仙沼線
志津川駅付近の海沿い区間
石巻線前谷地から宮城県北端の沿海都市大船渡線気仙沼までを結ぶ宮城県内路線で、三陸縦貫線の一翼を担います。途中の陸前戸倉から気仙沼市の市街地に入るまで基本的に海沿いを走り、車窓に海を望む区間も少なくない風光明媚な路線ではありますが、近辺の路線の中では敷設が比較的新しく、線形も直線的でそのためトンネルも多くなっています。
当初昭和31〜32年に気仙沼方が気仙沼線として本吉までが開業、昭和43年に前谷地方が柳津線として柳津までが開業、そして中間区間が開業して全通したのが昭和52年と、国鉄時代の地方交通線としては最後に開通した路線です。沿線に大きな都市もないため小駅が多く、少し前に開業した三江線や只見線などでも見られるように、没個性で簡素な駅施設が多いのも特徴です。反面そのため石巻や気仙沼への流動も比較的活発で、廃止対象に挙げられることなく推移しています。
平成23年の東日本大震災では市街部にある志津川駅や南気仙沼駅を含む沿海部の9つもの駅施設が流失、路線もいたる箇所で寸断され、壊滅的被害を受けました。平成25年時点では旧柳津線区間が運行しているものの、それ以外は都市計画の再考を含めた路線の移設も必要で、そのため一部の路盤をバス専用道に改修したBRTとして仮復旧しています。現状山田線などは異なり、そのBRTにより公共交通機関は確保できたものの、鉄路による完全復旧はまだ青写真の描けない実情です。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
前谷地 木造 石巻市 宮城県 石巻線
和渕  なし
のの岳  なし 涌谷町
陸前豊里  新木造 登米市
御岳堂  なし
柳津  新木造
陸前横山  なし
陸前戸倉  なし 南三陸町
志津川  RC/S
清水浜  なし
歌津  新木造
陸前港  なし
蔵内  なし 気仙沼市
陸前小泉  なし
本吉  木造
小金沢  簡易
大谷海岸  合築
陸前階上  木造
最知  なし
松岩  木造
南気仙沼  RC/S
不動の沢  なし
気仙沼 木造 大船渡線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ