▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲日高本線の駅INDEXへ
富川 TOMIKAWA
沙流川河口周辺に形成された集落の駅。高校も至近にあり、沿線としては賑わいのある立地です。急行停車駅でした。昭和26年まで内陸の平取(びらとり)方面への軽便鉄道沙流鉄道が分岐しており、現在も代替バスが接続しています。

中央に鋭角のファサードのある木造の駅舎。左に駅事務室がありましたが、窓が全くないのが変わっています。平成元年に改築された駅舎です。(H26.1撮影)
駅前。中心地区のやや東方ではありますが、市街部にあります。 駅舎内。待合室の区画。縁に木製ベンチが設置されていますが、中央に何もないとどこか空虚です。
券売機があります。シャッターはかつての窓口か売店の跡でしょう。 駅舎のホーム側。正面と同じ意匠ですが、ホーム側は仮名の駅名板です。
ホームは1面1線です。かつては複線構内で、構内踏切跡があります。 路線の構内進入経路からもかつては対向ホームがあった形跡が残ります。沙流鉄道のヤードもあったようです。
駅データ
駅名 富川(とみかわ)
所在地 北海道沙流郡日高町富川南
隣駅 ←汐見 日高門別→
備考 旧駅名:佐瑠太
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲日高本線の駅INDEXへ