▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲日高本線の駅INDEXへ
鵡川 MUKAWA
平成の合併で成立したむかわ町の代表駅で、旧鵡川町地区の中心にあります。この駅で折り返す列車もあります。日高線唯一の支線富内線の分岐駅でしたが昭和61年に廃止されています。尚合併したむかわ町の旧穂別町はその富内線に駅がありました。

左右にファサードのある木造の駅舎。左が駅で、右はそば屋が入っています。ファサードの大きなが異なるため歪んで見えます。富内線代替バスなども発着するため「むかわ交通ターミナル」の名もあります。(H26.1撮影)
駅舎内。無人駅で、機能的に待合室のみです。バス待合も兼ねます。 券売機があります。窓口跡の向うは併設のそば屋が見えます。左のシャッターはキヨスク跡のようです。
ホームは2面2線。ホームは千鳥配置です。 千鳥配置のホームはホーム端同士で構内踏切で結ばれますが、ホームに対して鋭角に斜めに横断する変わった踏切です。
2番ホームの待合。北海道では殊更珍しい、野ざらしのベンチです。 構内裏手は留置線があり、保線基地があります。3番線は富内線廃止時に廃止されたそうです。
駅データ
駅名 鵡川(むかわ)
所在地 北海道勇払郡むかわ町末広
隣駅 ←浜田浦 汐見→
備考 「立ち食いそば」笑家へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲日高本線の駅INDEXへ