▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
南小樽 MINAMIOTARU
小樽港のフェリーターミナルに近い住宅地の駅。北海道発の鉄道の一部である手宮線の起点駅であり、小樽駅よりも古い歴史を持ちます。明治から大正にかけてこの駅が小樽駅を名乗っていた歴史もあります。

コンクリート造平屋建ての駅舎。国鉄の雰囲気が強い躯体ですが、半分にコンビニが入っています。庇、というより天井に対して室内がセットバックしたような広い軒下も特徴的です。(H23.1撮影)
駅前のスペースの隅に小さな鐘が吊られています。明治から昭和にかけ、列車の運行を知らせた鐘だそうです。 駅舎入口。行灯式の小さな駅名表示があります。
駅舎内。構内は掘割のため駅舎内から直接構内は見えません。 改札から入ると跨線橋に通じます。
ホームは1面2線です。 構内から見た駅舎。ホームへの跨線橋が渡る空間は手宮線跡も含んでいます。
駅データ
駅名 南小樽(みなみおたる)
所在地 北海道小樽市住吉町
隣駅 ←小樽 小樽築港→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ