▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ ▲くずもの入れINDEXへ
JR西日本のくずもの入れその2

東海道本線 彦根駅

これはJR西日本の古いタイプのくずもの入れです。「缶・ビン」とそれ以外に分別でしたが、分別が追いつかず、減りつつあります。あの怪獣が懐かしい。
北陸本線 木ノ本駅

通常1つタイプのサイズに「缶・ビン」と「その他」の二つ口を設けたタイプです。
北陸本線 木ノ本駅

上のくずもの入れの灰皿現役のもの。喫煙コーナーがホームの隅に追いやられる一方、くずもの入れはホーム中央に必要なことから、蓋をされるか更新撤去されるかで、数を減らしています。そもそも可燃ゴミの上に灰皿を設置するのが間違いのような気もしますが、もう一点、右の画像のように灰による損傷も早いことも難点であったようです。
山陰本線 城崎駅

北近畿エリアで見られる新しいくずもの入れです。北陸で見られるものより一つ一つがやや小さいことと、「ペットボトル」という分別がないことが特徴。
北陸本線 近江塩津駅

おそらく分別不要時代のもの。駅名入りです。
▲その1へ  ▼その3へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ ▲くずもの入れINDEXへ