▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山地方鉄道の駅INDEXへ
愛本 AIMOTO
旧宇奈月町の役場最寄駅で特急停車駅。ですが集落はこの辺りから路線に並行する黒部川の対岸にあり、駅前の民家は数軒あるのみ。その代わり巨大な変電施設に隣接しています。

背の高い山小屋風の駅舎。なかなか凝った造作なのですが、錆びたトタン屋根がお洒落とは程遠い、別のいい雰囲気を出しています。駅名表示はありません。(H16.11撮影)
駅舎内の様子。窓口は閉鎖されていませんが、無人駅です。 ホームは1面1線です。
使用されなくなった対向ホームが残っています。それにしてもとても町の代表駅には見えない立地です。 ホームには緑に塗装された片流れ屋根の木造待合室があります。
駅に隣接する関西電力新愛本変電所。発電所も近く、もともとこの駅はその資材輸送のための駅として開設されました。 駅からは徒歩10分程度とやや距離がありますが、日本三奇矯の一つ、愛本橋の最寄駅。実は橋は既に流出しているのですが、不可思議な形状の「川の灯台」が残っており、見ものです。
駅データ
駅名 愛本(あいもと)
所在地 富山県黒部市宇奈月町内山
隣駅 ←下立 内山→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山地方鉄道の駅INDEXへ