▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
千金 CHIGANE
江の川から離れ、若干山側に入った地点の小駅。周辺は主に畑地で、ごく小さな集落がありますが、駅入口に民家は近接しています。

駅舎のない駅で、ホーム中央に待合室があります。待合室は沿線各駅のような無骨なものではなく、レンガ調に木戸。しかし躯体はコンクリートブロックです。(H22.7撮影)
駅入口はホーム端のスロープです。 ホームから見た駅前。この右手手前側と奥のカーブ奥に数軒の民家があります。
ホームは1面1線。緩やかなインカーブにあり、正面には路盤より高い用水が流れています。 待合室内。倉庫の中のような薄暗さがあります。
採石場となっている山が中々の迫力で迫ります。江の川の対岸です。 別日撮影。ホーム両脇の植栽はツツジ。5月初頭には花が見事ですが、その植栽の分ホームは非常に狭いものとなっています。
駅データ
駅名 千金(ちがね)
所在地 島根県江津市金田町
隣駅 ←江津本町 川平→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ