▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲留萌本線(廃線)の駅INDEXへ
増毛 MASHIKE
留萌本線の終着駅で、増毛町の代表駅。港に面した町の中心地区にあり、留萌駅以来の賑わいのある立地です。ニシン漁で知られますが、エビやタコなどの水揚げも多く、漁業が盛んな町です。昭和56年公開の映画「駅-STATION-」の舞台になりました。(H28.12留萌〜増毛間廃線により、廃止となりました。)

トタン屋根の木造駅舎ですが、手前に大きく増築されています。増築された手前に区画はトイレで、駅前広場は町の中心地区の観光駐車場も兼ねているようです。駅機能は奥のトタン屋根の区画です。(H25.7撮影)
駅入口。道場の看板のような縦書きの木製駅名板があります。 駅舎内。無人駅で、出札窓口跡はそば屋に改修されています。夏の週末のみ営業していましたが、訪問時は「今年の営業は未定」の貼り紙があり、閉まっていました。
そば屋は閉まっていましたが、「孝子屋(ここや)」という食堂が営業していました。海産物中心に、弁当もありました。 駅舎の側面の軒下にベンチが並びますが、これは駅舎からホームへの通路です。
輪留めのあるレール端は留萌本線の終端。駅舎は終端側にあります。ホームはこの奥です。 ホームの端から見た駅舎と路線終端。駅舎からホームが少し離れています。
ホームは1面1線。未舗装ですが、簡易のホームではありません。 棒線駅ですが、ホーム脇には広い空き地があります。元々広いヤードがあったのでしょう。かつての繁栄を思えば物悲しくもある駅です。
駅データ
駅名 増毛(ましけ)
所在地 北海道増毛郡増毛町弁天町
隣駅 ←箸別
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲留萌本線(廃線)の駅INDEXへ