▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
烏山線
烏山駅の路線終端
東北本線宝積寺から那須烏山市の代表駅烏山までの20キロ強の栃木県内の非電化短距離盲腸線。列車運行は基本的に線内完結ですが、一部列車は県都宇都宮駅まで直通します。起点を除き7駅のみのミニ路線ですが大正期の開業時は3駅のみで、昭和に入り4駅が開業しています。沿線に大きな都市もなくこれといった特徴も乏しい、正直なところ地味な路線で、それが故にか、個人的にはミステリー列車銀河鉄道999の印象がいまだに強いです。これも昭和54年の運行だったようで隔世の感が強いところです。平成26年より蓄電池駆動電車が導入され、久々と思われる話題が提供されています。(駅舎のある3駅全て、訪問後駅舎が改築されていますが、再訪も覚束ないので古い情報ですが公開しました。申し訳ございません。)

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
宝積寺 橋上 高根沢町 栃木県 東北本線
下野花岡 NEW なし
仁井田 NEW 木造
鴻野山 NEW なし 那須烏山市
大金 NEW 木造
小塙 NEW なし
 NEW なし
烏山 NEW 木造
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ