▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲可部線の駅INDEXへ
あき亀山 AKI-KAMEYAMA
平成29年の路線再延伸区間の終着駅。線路沿いからは人家が減る位置ですが、山側に大きな団地があります。尚平成15年廃止の安芸亀山駅は横川起点距離として5キロほど下り方にあり、同じ駅の再開業とは見なされていません。ちなみに旧線では河戸駅の今井田方0.3キロの位置の位置となります。

鉄骨造の簡易駅舎です。前面の大きな屋根は太田川の流れを示しているのでしょう。右手の小屋はトイレで、駅前には小さなロータリーガあります。(H29.5撮影)
住宅地は駅舎の入口に対し裏側にあります。そのため側面にも駅名表示があります。 駅前にある駅名表示板。太田川の流れと亀のエンブレムがあります。
駅舎には券売機と簡易改札機があり、待合はありません。窓口もありますが、基本的に無人です。 改札内の通路に待合のベンチがあります。ホーム入口はこの奥です。
ホームは1面2線。ホームは狭いです。 本線以外にも留置線、保線用留置線があります。全て画像奥の駅舎側で終端となります。
駅データ
駅名 あき亀山(あきかめやま)
所在地 広島県広島市安佐北区亀山南2
隣駅 ←河戸帆待川
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲可部線の駅INDEXへ