▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
大野 OONO
大熊町の代表駅で、一部特急列車が停車します。隣の双葉町とともに福島第一原発立地自治体で、うち1〜4号機は大熊町域にあります。H24現在警戒区域内のため立ち入り禁止で、駅も休止中。震災被害調査も行えていない状態です。

いわき以北の常磐線で唯一の橋上駅舎で、JR化直前の昭和62年の竣工です。JRロゴがないのは国鉄竣工の名残でしょうが、シンプルな外観から町の施設のようにも見えます。(H22.9撮影)
こちらは裏口となる東口。町外れにあるため特別西口側が賑やかでもないですが。 駅舎自由通路内。窓口改札回りは夜間閉鎖できる構造です。窓口奥にガラス張りの待合室があります。
待合室内。室名は「談話室」となっていましたが、やはりなんだか公民館のようです。物産展示があります。 物産展示ではリアルな魚の模型も。中段のカレイのリアルさにちょっとギョッとしました。
ホームは1面2線です。 構内は緩やかにカーブしており、ドア閉め用モニターもあります。保線用の留置線が1線あります。
駅データ
駅名 大野(おおの)
所在地 福島県双葉郡大熊町下野上大野
隣駅 ←夜ノ森 双葉→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ