▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線の駅INDEXへ
西金沢 NISHIKANAZAWA
金沢市西南部の住宅地にある駅。周辺は工場も多いです。かつて石川県内にいくつもあった北陸鉄道乗換駅の生き残り駅でもあります。

平成23年供用開始となった橋上駅舎です。北陸新幹線工事の一環として改築され、新幹線(当面は回送線)高架に隠れています。新幹線高架と駅舎の工事動線の関係で左右に階段の入口があります。(H28.2撮影)
高架下にある駅舎「左側」の階段入口。供用開始当初高架工事の関係でこの入口しかなく、高架前へ突き出す「右側」の階段は高架工事後の設置。デュアル階段は工事の都合でしょう。 正面側の目の前に北陸鉄道石川線が走っています。この右手に北鉄新西金沢駅があります。
新設される西口側は工場跡地で、取り付け道路の設置からの整備となりました。今後こちらが正面となっていくのかもしれません。 駅舎内。券売機とみどりの窓口があります。改札は自動ではなく、刻印機が置かれています。
ホームは1面2線。本線の両脇に留置線と訓練線が1線ずつあります。 ダイヤ上、上下の列車が同発、近接していることが多いです。
駅データ
駅名 西金沢(にしかなざわ)
所在地 石川県金沢市西金沢1
隣駅 ←野々市 金沢→
他社線 北陸鉄道 新西金沢
備考 旧駅名:野々市
旧駅舎へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線の駅INDEXへ