▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲日高本線の駅INDEXへ
大狩部 OOKARIBE
新冠町北部の海沿いの小駅。沿線で最も海に近く、眺望のよい駅ではありますが、駅周囲の荒涼とした雰囲気は全国でも屈指のものです。駅脇に国道の土手があり、その向こうに小さな集落があるため無人地帯ではありません。

コンクリートブロック積みの無骨な待合室があります。駅名表示があれば駅舎然と見えますが。海に対してヨコを向いているとは言え、この立地にして入口を閉鎖できる構造ではありません。(H26.1撮影)
国道からの駅への入口。右手に国道が走っています。ホームは海側にあります。 集落から、国道の土手下を通る人道トンネルがあり、その入口からの駅前。やはり荒涼としています。
待合室内。海風に耐えうる構造なのでしょうが、不気味さすら漂います。室内まで荒涼としています。 駅前からホームへの入口。ホーム中ほどに降りる階段です。正面はすぐ海です。
ホームは1面1線です。画像では中々伝わりませんが、実は真冬の海風が殺人的な寒さでした。 下り方。前後は波かぶりのルート。板塀が申し訳程度の波除となっています。
駅データ
駅名 大狩部(おおかりべ)
所在地 北海道新冠郡新冠町大狩部
隣駅 ←厚賀 節婦→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲日高本線の駅INDEXへ