▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲京福電鉄永平寺線の駅INDEXへ
永平寺 EIHEIJI
永平寺線終着駅で、曹洞宗総本山永平寺の「門前駅」。全国から参拝客で賑わった駅でした。ところが永平寺周辺は駐車場が整備されているとは言い難い立地であったにも関わらず、個人客よりも団体客が多い客層であったため、観光バスに「食われた」、思えば儚い駅でした。

妻面に出入口のある木造駅舎。窓も木枠のままで、レトロな雰囲気がそのまま残っています。1層半くらいありそうな高い屋根を持っていますが、これは駅舎内に入るとより実感できます。廃止後もバス乗り場の待合室や切符売り場として利用されていましたが、施設老朽化のため現在は撤去されています。(H16.4撮影)
駅舎の正面。アヒルのくちばしのような車寄せも何気に特徴的です。ホームとは平行の方向を向いていました。 駅舎内。高い天井の格子模様と丸い照明器具、壁に掛かった古めかしい周辺案内図がこの駅の特徴です。外観から受ける印象以上に広く、そして天井が高い。客層柄、季節波動が大きく、繁忙期にはこの程度のスペースが必要だったのでしょう。
ホームは2面2線でしたが、最後の頃は手前の番線しか使用されていなかったようです。この画像は既に京福電鉄線全面運休の時期のもので、その手前の番線のレールも錆びついてしまっています。それにしてもこの佇まいは長野県の上田交通別所温泉駅に酷似しています。 現在の永平寺駅。ホームは特に変化はありませんが、駅舎からは、当然ホームでなく、バス乗り場の方へ誘導する矢印が引かれています。
駅データ
駅名 永平寺(えいへいじ)
所在地 福井県吉田郡永平寺町志比
隣駅 ←市野々
備考  
レールと架線は既に撤去されていました。向かいのホームにあった駅名標は外され、ベンチもなくなっています。しかしそれ以上の変化はないような。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲京福電鉄永平寺線の駅INDEXへ